青森県三沢市よしだ歯科医院(歯医者)の日々のブログ(BLOG)の【治療について】のカテゴリー

よしだ歯科医院(歯医者)は青森県初!『光と水の最新治療システム(除菌水とプラズマレーザー治療)』を導入。一般歯科(歯周病・虫歯治療など)・矯正歯科・小児歯科(こども歯科)・かみ合わせ・ドライマウス・口腔機能訓練・ホワイトニング・審美歯科・PMTC・顎関節を考慮した歯列矯正・予防歯科はもちろんのこと、全身的な観点からも皆さんの歯・口腔に関する健康をサポートします。歯科衛生士の求人募集・採用情報。Yoshida Dental Clinic

よしだ歯科医院(歯医者)は青森県初!『光と水の最新治療システム(除菌水とプラズマレーザー治療)』を導入。
一般歯科(歯周病・虫歯治療など)・矯正歯科・小児歯科(こども歯科)・かみ合わせ・ドライマウス・口腔機能訓練・ホワイトニング・審美歯科・PMTC・顎関節を考慮した歯列矯正・予防歯科はもちろんのこと、全身的な観点からも皆さんの歯・口腔に関する健康をサポートします。歯科衛生士の求人募集・採用情報。Yoshida Dental Clinic

よしだ歯科医院(歯医者)の日々のブログ(BLOG)の治療についてのカテゴリーになります。

治療について

いよいよ3D機能搭載の最新鋭レントゲン撮影機設置です!

青森県三沢市プラズマレーザーシステム・除菌水・虫歯・歯周病・インビザライン治療(マウスピース型の矯正装置)の歯医者よしだ歯科医院はいよいよ3D機能搭載の最新鋭レントゲン撮影機設置です!東北で3番目、青森県で最初に導入されるこの機種、うちのドアとの幅の差がほとんど無く、7人掛で1時間かけて丁寧に搬入されました。試し撮りで私がモデル!青森県第一号になりました。
治療について

新しいレントゲンシステム導入のため、工事中てす!

青森県三沢市プラズマレーザーシステム・除菌水・虫歯・歯周病・インビザライン治療(マウスピース型の矯正装置)の歯医者よしだ歯科医院は新しいレントゲンシステム導入のため工事中てす! 新しいレントゲン室の壁をこんな風にしました!
治療について

スタッフ全員がPOICホームケアアドバイザーの認定を取得いたしました。

青森県三沢市プラズマレーザーシステム・除菌水・虫歯・歯周病・インビザライン治療(マウスピース型の矯正装置)の歯医者よしだ歯科医院はこの春に入社した新しいメンバーも無事に試験に合格しこれでスタッフ全員がPOICホームケアアドバイザーの認定を取得いたしました。よしだ歯科医院では、スタッフ一丸となって、皆さまの健康増進に寄与していきます!
プライベート・余暇

産業心理カウンセラーの認定試験に合格しました!

青森県三沢市プラズマレーザーシステム・除菌水・虫歯・歯周病・インビザライン治療の歯医者 よしだ歯科医院の吉田悦子院長は産業心理カウンセラーの認定試験に合格しました!
治療について

インビザライン(マウスピース型の矯正装置)の研修をスタッフと共に受講してきました。

青森県三沢市プラズマレーザーシステム・除菌水・虫歯・歯周病・インビザライン治療の歯医者 よしだ歯科医院はインビザライン(マウスピース型の矯正装置)治療の研修をスタッフと共に受講してきました。
治療について

POIC研究会の総会がオンラインで開催されました。

青森県三沢市プラズマレーザーシステム・除菌水・虫歯・歯周病治療の歯医者 よしだ歯科医院ではPOIC(ポイック)研究会の総会がオンラインで開催されました。
プライベート・余暇

新春のご挨拶

青森県三沢市プラズマレーザーシステム・除菌水・虫歯・歯周病治療の歯医者よしだ歯科医院院長吉田悦子の新春のご挨拶
プライベート・余暇

心理学の恩師からバラの花束をいただきました!

心理学の恩師からバラの花束をいただきました頂きました!薬を使わず歯科恐怖症の患者さんと向き合いたいと思って学び始めたTFT.(米国心理学のパイオニアの一人であったロジャー・キャラハン博士が1970年代の終わりに発見し、 発展させてきた心理療法で、鍼のツボをシンプルにタッピングすることで心理的問題の症状を改善させていくものです。
未分類

検温モニター 今日から登場です!

青森県三沢市歯科よしだ歯科医院では今日から新型コロナウイルス感染症対策として検温モニターを導入・設置しました。現在歯科衛生士募集・採用しております。
治療について

今年も無事、安全施設認定証をいただきました!

よしだ歯科医院ではレーザーを導入するにあたり全員が研修を受けなくてはなりません【写真の一部は修了証です(歯科治療水安全施設認定証)】また、その前にスタッフ全員がPOIC(ポイック)ホームケアアドバイザーの認定を取っておかなければなりません。プラズマレーザーシステムを導入するということは、単にレーザーを購入するのではなく、医院全体で、その勉強をしなければ導入資格が取れないという厳しいものです。POICウオーター(タンパク分解型除菌水)でお口の中を洗浄。ここまで、厳格で厳しいものはこの業界でもなかなかございません。また一番大切なことは、毎年指定された場所から水を採取し、検査機関へ送り、無菌であることを検査されます。これを毎年クリアすることもプラズマレーザーシステムを導入していくために必要不可欠なことです。今年も診療室の水が無菌であることを証明していただきました!
タイトルとURLをコピーしました